楽天モバイル

楽天UNLIMITはiPhoneで使える!元携帯ショップ店員が実機を使って徹底的に検証!

楽天UNLIMIT iPhone

政府の意向により、どの携帯キャリアも通信費が格段に安くなりました。

そのなかでも、もっとも注目されているのが楽天UNLIMITではないでしょうか。

今回は楽天UNLIMITでiPhoneが問題なく使えるのかどうかを、元携帯ショップ(ソフバン)店員が実機で徹底的にやりましたので参考にしてみてください。

この記事は、元ソフトバンクの社員(訪問販売から店舗の副店長)による携帯のプロ目線と、実際に楽天モバイル利用者としての2つの視点からUN-LIMITについてお話しますので、信憑性の高い記事としてご認識いただけますと幸いです。

以下証拠として、販売員証+資格+UNLIMIT契約画面を提示いたします。

ソフトバンク
ソフトバンク
楽天

結論から言うと楽天アンリミットはiPhoneの種類によっては使える

楽天アンリミット iPhone

実は、少し前までは限られたiPhoneシリーズしか楽天アンリミットに対応していませんでした。

ですが、2021年4月より古いiPhoneも楽天アンリミットの対象となり、利用できる幅が広がりました。

実際に、iPhone5S、iPhone6S、iPhone12を持っているので調査してみました。

旧楽天アンリミットで使えたiPhone

・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 Pro Max
・iPhone SE (第2世代)
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro MAX
・iPhone XS
・iPhone XS MAX
・iPhone XR

新楽天アンリミットで使えるiPhone

iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XR
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone SE(第1世代)
iPhone 6s
iPhone 6s Plus

旧では、iPhoneXSからしか楽天アンリミットは対応していませんでしたが、今は、iPhone6Sからも楽天アンリミットの対象となりました。

ただし、iPhoneで楽天アンリミットを利用しようと思ったら少し気をつけないといけないことがあります。

それは、iOS 14.4以降ならびにキャリア設定の最新バージョンへのアップデートです。

つまり、最新のiOSにしておけば楽天アンリミットが使えるというわけですね。

ただし、対応しているいちばん古いiPhone6sは私も使っていましたが発売日が2014年とかなり古いので、この機会に新しいiPhoneに変えておきましょう。

さすがにバッテリーの持ちがしんどいはずです。

楽天モバイルでiPhoneの取り扱いが開始!

今まで楽天モバイルは、android端末しか販売していませんでしたが、2021年4月30日よりiPhone12シリーズ、iPhoneSE(第2世代)の販売を開始しました。

iPhoneSE・・・55,170円~
iPhone12mini・・・87,712円~
iPhone12・・・101,176円~
iPhone12Pro・・・127,395円~
iPhoneProMax・・・141,700円~

すべて一括の値段で記載していますが、ぶっちゃけ安いのかどうかなんて分かりませんよね・・・?

私はAppleで購入したので、値段を見てアレっ?って思いました。

ちょっとAppleの値段と比較してみましょう。

iPhoneSE・・・49,280円~
iPhone12mini・・・82,280円~
iPhone12・・・94,380円~
iPhone12Pro・・・117,480円~
iPhoneProMax・・・129,580円~

どうでしょうか。

Appleで買ったほうが少し安いですよね。

でも、楽天モバイルですと分割支払いができますし、時期によってはキャンペーンでポイントがもらえるので、トータルで見ると楽天モバイルがお得なのかな?

一括で安く買われたい方はAppleで、分割にしたいしポイントも欲しいとのことであれば楽天モバイルからの購入をおすすめします。

ちなみに、Appleも楽天モバイルも店頭ではなくオンラインで購入できるので安心ですよ。

 

楽天モバイルでiPhoneを購入する

AppleでiPhoneを購入する

さまざまなパターンで楽天モバイルのiPhoneシーンを想定

iphone12

今回も、正しい情報を提供したいので上記のiPhone12赤(機種変更)、iPhone12白(MNP)の2台で実践しました。

 

楽天モバイルiPhoneから楽天モバイルアンリミット(機種変更)

楽天モバイルでは、アンリミット以外にも古いタイプのプランがありました。

実は私がこの楽天モバイル組み合わせプラン(iPhone6S)というのを使っておりましたが、iPhone12に変更すると同時に、楽天アンリミットに変更しました。

手続き方法は至って簡単で、楽天モバイルからアンリミットを申込むだけです。

後日専用のSIMが届きますので、楽天モバイルのマイページより切り替え作業を行います。

そして、新しいiPhoneにSIMを入れてください。

楽天モバイルでiPhoneを利用するためには、

iPhoneの設定⇒モバイル通信⇒通信のオプション⇒LTE⇒LTEにチェック+VoLTEを緑に⇒ネットワーク選択⇒モバイルデータ通信⇒APNにrakuten.jp⇒インターネット共有にrakuten.jpと入力

これで楽天モバイルでiPhoneが使えるようになります。

楽天モバイルiPhoneから楽天モバイルアンリミット(機種変更なし)

楽天モバイルでは、iPhone6Sなどの古い機種でもアンリミットに対応するようになりました。

そのため、機種の変更をせずに楽天モバイルアンリミットに変更することが想定できます。

機種の変更の有無関係なく、楽天モバイルよりアンリミットに申し込みをしてSIMが届くのを待ちます。

SIMが届いたら楽天モバイルのマイページより切り替え作業を行い、SIMを入れ替えてください。

楽天モバイルでiPhoneを利用するためには、

iPhoneの設定⇒モバイル通信⇒通信のオプション⇒LTE⇒LTEにチェック+VoLTEを緑に⇒ネットワーク選択⇒モバイルデータ通信⇒APNにrakuten.jp⇒インターネット共有にrakuten.jpと入力

もし、既存のiPhoneをそのまま利用するのであれば、過去のプロファイル設定が残っているはずですので、削除しておきましょう。

他社iPhoneから楽天モバイルアンリミット

他社iPhoneから楽天モバイルアンリミットに乗り換えをする場合、少し手続き方法が異なります。

ですが、今はすべてオンライン上でできるため安心してくださいね。

まず、他社から乗り換え(MNP)をする場合は契約している携帯会社の予約番号が必要です。

予約番号上記は、実際に取得したマイネオの予約番号画面です。

ほとんどの携帯会社では、マイページ内に乗り換えの予約番号が設定されているため、ログインしてチェックしましょう。

次に、楽天モバイルに新規登録をして必要な情報を入力してください。

その際に、予約番号を求められますので一緒に入力しましょう。

手続きがすべて完了したのちに、数日後にSIMカードが届きます。

SIMカードが届いたら、楽天モバイルのマイページにて切り替え作業を行います。

切り替え作業が終われば、届いたSIMを新しいiPhoneに差し込み設定を行います。

楽天モバイルでiPhoneを利用するためには、

iPhoneの設定⇒モバイル通信⇒通信のオプション⇒LTE⇒LTEにチェック+VoLTEを緑に⇒ネットワーク選択⇒モバイルデータ通信⇒APNにrakuten.jp⇒インターネット共有にrakuten.jpと入力

もし、過去のプロファイルがのこっているようでしたら削除しておいてください。

他社androidから楽天モバイルアンリミット(iPhone)

他社androidを使っていて楽天モバイルのiPhoneに変更するケースを見ていきましょう。

まず、乗り換え(MNP)の方法と同じように予約番号を取得しておきます。

iPhone本体は楽天モバイルやAppleなどで購入しつつ、新規登録を進めてください。

楽天モバイルでの新規登録の際には、予約番号を入力することで切り替え作業ができます。

後日、iPhoneとSIMが届きますので楽天モバイルマイページより切り替え作業を行います。

切り替え作業が終われば、古い端末のインターネットが繋がらなくなりますので、購入したiPhoneの電源を入れてアクティベーション(初期設定)をしてください。

楽天モバイルでiPhoneを利用するためには、

iPhoneの設定⇒モバイル通信⇒通信のオプション⇒LTE⇒LTEにチェック+VoLTEを緑に⇒ネットワーク選択⇒モバイルデータ通信⇒APNにrakuten.jp⇒インターネット共有にrakuten.jpと入力

他社ガラケーから楽天モバイルアンリミット(iPhone)

次に、他社ガラケーから楽天モバイルアンリミットのiPhoneパターンを見ていきましょう。

ガラケーの場合も各会社のマイページより予約番号が取得できますが、難しい場合は電話にて取得も可能です。

ソフトバンク

ソフトバンク携帯電話から:*5533(通話料無料)
一般電話から:0800-100-5533(通話料無料)
電話が繋がりましたらガイダンスに沿って「1」を押してください。

docomo

ドコモの携帯電話、PHSからの場合:151
一般電話からの場合:0120-800-000

au

au携帯電話・一般電話共通:0077-75470

各種キャリアに電話をして予約番号を取得してください。

iPhoneとSIMが届けば、楽天モバイルマイページより切り替え作業を行います。

切り替えが終ればSIMをiPhoneに差し込み、アクティベーションをしてください。

切り替え作業が終われば、ガラケーで通話や通信ができなくなっているので、その時点で楽天モバイルに切り替わっています。

楽天モバイルでiPhoneを利用するためには、

iPhoneの設定⇒モバイル通信⇒通信のオプション⇒LTE⇒LTEにチェック+VoLTEを緑に⇒ネットワーク選択⇒モバイルデータ通信⇒APNにrakuten.jp⇒インターネット共有にrakuten.jpと入力

新規で楽天モバイルアンリミット(iPhone)

楽天モバイルでiPhoneを利用するためには、

iPhoneの設定⇒モバイル通信⇒通信のオプション⇒LTE⇒LTEにチェック+VoLTEを緑に⇒ネットワーク選択⇒モバイルデータ通信⇒APNにrakuten.jp⇒インターネット共有にrakuten.jpと入力

楽天モバイルのUNLIMITⅥって何?Vとの違い

楽天モバイルを利用したいと思う理由に、料金の安さが該当するのではないでしょうか。

今楽天モバイルではUNLIMITⅥを全面的におしだしていますが、初めての人からすればどういうものなのかが分からないはずです。

そこで、実際にアンリミットⅥを契約しているのでどういうものなのかを詳しくお伝えします。

楽天アンリミット上記が、実際の契約画面です。

Rakuten UN-LIMITⅥと書かれているのが分かりますよね。

アンリミットⅥは、データ1GBまで0円、どれだけ使っても無制限の3,278円という衝撃のプランです。

楽天アンリミット

3GBまでは1,078円、20GBまでは1,980円、20GB超過後はどれだけ使っても3,278円で利用できます。

契約日にもよりますが、プラン料金3カ月無料もついてくるため、かなりの激安と言ってもいいでしょう。

楽天アンリミット

正直、本当に無料で使えるのかと半信半疑でしたが、1カ月分の請求を見たら本当でした。

ちなみに、110円はナビダイヤルを使ったのでその分だけ請求されました。(ナビダイヤルなどは通話料が発生します。)

基本料も通信料も各種手数料も、一切請求されていません。

楽天アンリミットVがあった

少し前に、楽天アンリミットⅤが存在していました。

そのときは1年間無料キャンペーンだったり、料金プランが少し異なりましたが2021年4月より楽天アンリミットⅤの契約者は自動的にアンリミットⅥとなりました。

つまり、今は楽天アンリミットⅤの契約はできないと思っておくべきです。

楽天アンリミットをiPhoneで利用するメリット

どれだけ使っても3,278円だけの支払いで済む

楽天アンリミットを使う最大の理由に、どれだけ通信をしても最大で3,278円の支払いで済むということではないでしょうか。

うまいことWi-Fi環境を使い月に1GBまで抑えれば0円ですし、3GBまででも1,078円の支払いだけで済みます。

さすがに1GBまでに抑えるのは難しいかもしれませんが、3GBならなんとかなりそうですよね。

普通に使っても20GBまではいきませんので、使いすぎても2,178円支払うだけです。

本当にめっちゃ安いです。

Rakuten Linkを使えば通話料が無料

楽天アンリミットのメリットは、通信料の安さだけではありません。

なんとRakuten Linkというアプリを経由して通話をすれば0円というとんでもないプランが楽天アンリミットです。

Rakuten Linkは、普通の通話と同じような仕組みですので、まったく不便がありません。

もちろん、相手がRakuten Linkではなかったとしても問題ありません。

携帯電話や固定電話など無料で通話ができます。

Rakuten Link

先月の110円請求された内訳です。

110円はナビダイヤルで、それ以外はRakuten Linkから発信しました。

40分くらい電話していますが請求は110円だけでした。

通常の通話料は1分40円ですから、1,600円分の通話が無料になっていることが解ります。

キャンペーンによってプラン料金が無料(機種変更・新規・MNP)

楽天アンリミットを利用するメリットに、キャンペーンによってプラン料金が無料ということがあげられます。

無料とかおかしいんじゃないの!?って思うかもしれませんが、楽天は新規ユーザー数を増やすために積極的にキャンペーンをしています。

私が契約したときは、楽天アンリミットの初期だったので1年間使用料が無料というキャンペーンでした。

今回の楽天アンリミットⅥのキャンペーンは、

・楽天アンリミットお申し込みで5,000ポイント
・スマホ本体の購入で最大20,000ポイント(iPhoneは15,000ポイント)
・プラン料金が3カ月間無料

となっています。

とくにプラン料金が3カ月間無料というのは、かなり大きいのではないでしょうか。

各キャンペーンは、時期によって変わりますので公式サイトをご確認くださいね。

各種手数料が無料

少し前までは、機種変更はもちろん他社に乗り換えする場合、解約金や転出手数料、事務手数料などが発生していました。

しかし、ここ最近になってどのキャリアも解約金や転出手数料、事務手数料が廃止されるようになしました。

楽天アンリミットでも、機種変更はもちろん、他社からの乗り換えに関する手数料は一切かかりません。

オンラインですべて完結できる

機種変更や新規、乗り換えをする場合、どうしてもお店に行かないとダメだと思っている人はいまだに多いです。

ですが、こういうご時世ですし自宅で完結できればいいな、と思ったことはありませんか?

楽天アンリミットは、自宅で機種変更、乗り換えなどができますので安心と言えます。

月々の支払いに楽天ポイントが使える

楽天アンリミットは、楽天ポイントに紐づけされますので、使用料からポイントが増え、増えたポイントを携帯電話料金にあてることができます。

また、楽天ポイントは楽天市場などで商品を購入する際にも役立ちますので、大きなメリットと言えます。

楽天モバイルが使えてもiPhoneの回線速度が遅いのでは?

楽天アンリミットを契約する段階で、通信の有無とは別にもうひとつ気になることがあります。

それは、楽天アンリミットにしたことにより、通信速度に問題がないのかどうかがあげられます。

実は私も、楽天モバイルにする際に通信速度が遅かったらどうしよう、って不安でしたが、そんな考えは契約してすぐになくなりました。

そこで、大阪市内(市内ではありますが少し田舎より)ではありますが楽天アンリミットの通信速度を調べてみました。

通信速度受信が58.5Mbps、送信が42.9Mbpsという速度でした。

ちなみに、パソコンの光回線で調査してみましたが、受信が95Mbps、送信が78Mbpsでした。

さすがに、ゴリゴリの光回線にはかないませんが、動画を見るのも十分なくらいのスピードですよ。

楽天UNLIMITのiPhoneのまとめ

楽天UNLIMITでiPhoneが使えるのかどうかを、心配されている人はとても多いはずです。

・どのシリーズが使えるのか
・どうやって切り替えをするのか
・楽天UNLIMITのキャンペーン情報
・楽天モバイルの回線速度情報

ぜひみなさんも、楽天UNLIMITを使ってみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ねこすけ
都会暮らしなのに、ありえないくらいの低い年収で超節約生活を余儀なくされる。それをきっかけに、楽しく節約するために20件以上のスーパーマーケットへ調査。グラム単位で食材費を丸暗記。節約を意識して約10年経過しました。ですから主婦にも負けないくらい高度な節約に関する情報をリアルな体験とともに提供していきます。 アパレル店員(4年勤務) ソフトバンク社員(4年勤務) Web関連の仕事(5年勤務)