節約

底辺貧乏ブログ!猫も逃げ出すレベル!?どん底の貧乏から脱出するためにやるべき3つの神業

貧乏ブログ

私は節約ブログを運営しているため、根本的に超貧乏です。

もともとは最低時給のフリーターからはじまり、なんとか正社員になる。

しかし、いままでいちどもボーナスをもらったことがない。

もちろん、給料は初任給レベル。

有給もなければ、昇給もない。

あまりの貧乏ぶりに、月の食費を4,000円まで下げて体調を崩すなんて日常茶飯事。

そこで、猫も逃げ出すほどの底辺貧乏が、はいあがれないところから脱げだすためにやるべきことをお伝えします。

・どんなことをしてもお金を増やしたい
・体のこともあるしダブルワークはしたくない
・貧乏でも脱出できる方法があるなら知りたい

そんなことを考えているひと向けに、この貧乏ブログですべて解決できます。

正社員でもアルバイトと変わらない年収は当たり前

みんなは、こぞって自分のことを貧乏だと決めつけているのではないでしょうか。

たとえ、年収1000万円あったとしても。

しかし、高年収に限って食費が高かったり、小遣いやその他費用を多く使っていることが多いはずです。

でもそれって、節約すればすさまじく貯金できますよね。

でも、もとから低年収だとしたらどうでしょうか。

何を削ったとしても生活は苦しいものです。

ちなみに私が20代後半のときの年収は、およそ200万円。

正真正銘の貧乏ですよね。

しかも都会で一人暮らしでした。

いやいや、なんで正社員なのにこんなに年収が低いのか。

それは、ボーナスもなければ残業手当もない。

昇給なんてもってのほかでした。

年収が低すぎて貧乏だと毎日が楽しくなくなる

年収が低すぎて超絶貧乏だと、どういう悲惨な状況が待っているのでしょうか。

独身一人暮らしだとギリギリ生活はできる

正直年収200万円代で一人暮らしだと、生活はかつかつです。

家賃にもよりますが、どう頑張っても手元に残るお金はわずか。

普通に生活していても、貯金なんて絶対にできません。

もし、それが二人暮らしや家族をもっていると、確実に赤字になるでしょう。

私が年収200万円のときの生活費を、公開します。

ぜひ参考にしてみてください。

手取り 150,000(ボーナスなし)
家賃 65,000(都会のためやや高い)
光熱費 8,000
通信費 10,000(プロバイダーなども含む)
食費 5,000
交際費 5,000(飲み代)
美容代 2,000(カットのみ)
貯金 55,000

ものすごく節約して、なんとか5万円が手元に残ります。

正直、削るものを大量に削って、失うものもありました。

友達の誘いを断ったり、欲しいものを我慢したり。

また、栄養不足になり点滴をうったという事実も・・・。

関連記事はこちら
貧乏を楽しむお金を使わないとっておきの趣味とは?貯蓄するための最高の遊びかた

貯金できないならネットで副業すればいい!詐欺商材を選ばず安全確実にできる方法

ダブルワークをしたいが体がもたない

正社員になると、なにもかも守られていますが、給料は守られていません。

サービス残業が常態化していることもあり、帰宅するころにはクタクタ。

いくらお金が欲しいからと言っても、それからダブルワークをするなんてもってのほかです。

ダブルワークで稼いだとしても、体調不良で病院代のほうが高くつきそうです。

貧乏から脱出!逃げた猫が帰ってくる3つの神業

だれもが貧乏から脱出したいと思うもの。

しかし、何の知識もなしに抜け出そうなんていうのは、無理があります。

そこで、貧乏から脱出するためにやるべきことを、お伝えします。

神業その1:あえて貧乏のメリットを知って楽しむ

貧乏だからと言って、すべてがデメリットだらけというわけではありません。

低年収だからこそ、いいこともあります。

それが、税金関係です。

年収が低ければ低くなるほど、あらゆる税金が安くなります。

市民税や、所得税、社会保険などなど。

正直、年収がアップしたら今までとは比べ物にならないくらいの税金負担率が増えましました。

払っても払っても、なくならない税金。

税金の支払いで苦しい思いをするのであれば、低い年収でもいいのかな?なんて考えてしまいます。

神業その2:パソコンひとつで効率よく副業

私がボーナスなし、残業代なし、昇給なしのトリプルスリーでも、お金を貯めることができています。

それが、パソコンをつかった副業をしているからです。

正直、副業といっても怪しそうなものや、稼げなさそうなものまでいっぱいあります。

投資は問題外ですし、ポイントサイトようなミリ単位でしか稼げないのはゴメンです。

そこで、確実に大きく稼げるのがブログ作成や、クラウドソーシングを利用することです。

ブログを作成することで、アドセンスの広告収入が期待できますし、アフィリエイト報酬も手に入ります。

アフィリエイトをするならASP登録をすること!

また確実に稼げるのが、クラウドソーシングでできる仕事をこなすことです。

神業その3:貧乏すぎてツライのならいい条件で転職するのがベスト

貧乏だったら今すぐにでも転職すればいいのでは?なんて思ってしまうはず。

しかし、日本に限って言えば転職回数が増えれば増えるほど、不利になってしまいます。

それがたとえ倒産で仕事を失ったとしてもです。

とはいえ、我慢の限界もあります。

実は私は、今まで4回の転職を経験してきました。

残念ながら、年収も転職に比例して上がるものではありません。

200万円→170万円→280万円→370万円と、やっと300万円代に乗ったというわけです。

本当に都会に住んでいるのか?というレベルです。

なぜ、そんなに底辺を味わっているのか。

それは、仕事の探し方を知らなかったからです。

ですから、転職そのものが悪いのではなく、しっかり仕事を探す場所を選ばないからそうなるのだと実感させられました。

ちなみに、リクナビNEXTのアンケートでは、

実際の採用実績を聞いてみたところ、4回以上の転職回数は35%が「気にする」と回答していましたが、実際の採用実績では、4回以上の転職経験者を63%が「採用したことがある」と回答。企業の事情にもよりますが、特に書類選考が通過している場合は、転職理由の伝え方が重要なポイントと言えそうです。

出典:リクナビNEXT

ですから、私のように転職回数が多かったとしても、理由さえあれば問題ないということです。

転職に迷っているなら転職エージェントに相談するべき

私の場合はラストチャンスと思って、転職活動をするようにしています。

ちなみにハローワークでは、まともな求人すらなく相談員も上から目線だったため、二度と利用しないと決めています。

また、いま流行っている?転職エージェントにも相談をしました。

正直、ハローワークと同じことになるのでは、と考えていましたが終始丁寧でびっくり。

あとあと聞いたら、転職エージェントにはノルマがあり、転職させることで評価をしてくれるようです。(転職エージェント談)

つまり、無理やり転職をさせようとする悪質なエージェントもいる、ということです。

そこで、転職エージェントに失礼ながらも、どうやって悪質なところにひっかからないのかを、根掘り葉掘り聞いてきました。

面談当日に強制的にエントリーをすすめられる

転職エージェントが売り上げをつくるためには、相談者を転職させなければなりません。

ですから、面談にきた相談者に対して、条件が合わなかったとしても「まずは応募しましょう」とすすめられることがあります。

実際に別な転職エージェントに行ったときに、確かにそれはありました。

提案内容は年収は下がるし契約社員という待遇なのに・・・。

あなたの経歴ではここしか無理ですよ、てきな感じで言われました。

仕方なしにエントリーをして面接を受けましたが、ブラック臭が半端なくて速攻却下しました。

希望とはほどとおい求人を大量に提案してくる

私は、ずっと営業職ということもあり、はやくこんな下克上の世界から抜け出したいと考えていました。

それを転職エージェントに伝えるわけですが・・・。

そんな希望を無視してか営業職の求人中心に紹介してくるわけです。

「あなたの経験なら営業職は即戦力です!」てきな・・・。

いやいや、即戦力でも営業職はもうやりたくないんです。

こちらから言わないと動いてくれない

はい、これもありました。

せっかく面談をしたのに、求人提案はその日だけなんてこともありました。

もちろん、求人数には限りがあるというのはわかりますが、その後のフォローなんて皆無。

一緒に頑張りましょう!という熱血な転職エージェントは少なかったように思えます。

いまどうなっているんですか?と尋ねたら、ようやく求人探しをしてくれるような感じです。

そしてフォローなしの転職エージェントに限って、忘れたころに進捗伺いの連絡がきます。

あたりの転職エージェントでようやく年収が100万円ほどアップ

少し前まで年収300万円の壁がとても高く、そして厚く感じられました。

なぜなら、転職しても年収が200万円代で止まっていたからです。

正直、自分はここまでの人間なのかと落ち込んだことすらも。

しかし、いろいろな転職エージェントに登録して足を使った結果、希望通りの職種と年収で転職が決まる。

ほんとうにだまされているのではないのか?と疑心暗鬼でしたが・・・。

入社して最初のボーナス明細書をもらったときに、泣きそうになりました。

だって、いままでボーナスなんてもらったことなかったですし。

みなさんも、もし貧乏で貯金できない生活をしているのなら、まずは行動してみてください。

最初からこれはダメだ、なんて決めつけてしまうと、運すら逃げてしまうでしょう。

ちなみに、年収370万になっての生活費などうなったのでしょうか。

手取り 250,000(ボーナス含む)
家賃 65,000(都会のためやや高い)
光熱費 8,000
通信費 10,000(プロバイダーなども含む)
食費 10,000
交際費 5,000(飲み代)
美容代 2,000(カットのみ)
貯金 150,000

もちろん、何か必要なものを買う場合もありますが、だいたいはこんな感じです。

年収が100万円アップしただけで、税金も増えたが貯金が15万円もできるように。

ある程度プラスアルファで使っても、10万円は残る計算です。

1年後に同じ条件で転職した場合だと、貯金額は120万円ほど開くということだから、転職するかどうかで悩むだけ損ですね。

ちなみに、脱貧乏ができた転職エージェントは、リクルートエージェントでした。

しかも転職回数が多くて不利なのに、年収アップ交渉までしてくれました。

完全無料なんでよかったらチェックしてくださいね。

【リクルートエージェント】

 

貧乏ブログまとめ

生活できないほどの貧乏になると、ほんとうに笑えません。

美味しいご飯も食べられないし、体調も崩してしまいます。

そんな生活から抜け出すためには、自分から行動を起こさなければなりません。

貧乏生活を楽しむのか、副業をするのか、転職で年収をあげるのかどうかは、自分次第です。

ABOUT ME
ねこすけ
■記事の信用性について■ 都会暮らしなのに、ありえないくらいの低い年収で超節約生活を余儀なくされる。それをきっかけに、楽しく節約するために20件以上のスーパーマーケットへ調査。グラム単位で食材費を丸暗記。節約を意識して約10年経過しました。ですから主婦にも負けないくらい高度な節約に関する情報をリアルな体験とともに提供していきます。