節約

節約するためには家計簿アプリが必要不可欠!手軽で簡単に6項目を記録するだけ

家計簿

毎月毎月、いくらお金を使っていくら残っているのかなんて把握していない人は非常に多いのではないでしょうか。

それもそのはず。

使ったものを細かく記憶なんかできないからです。

しかも、毎日何かしらで細かい消費をしているはず。

ジュースを買ったり、食べ物を買ったり。

100円、200円、今日は合計500円使ったなんて覚えてたらとてもすごいことです。

しかし、しっかりと節約をしようと思ったらこのような細かい金額も把握しておかなければなりません。

そこで、家計簿をつけておくことで、お金の流れを知ることができます。

家計簿でつけておくべき6項目を知っておこう

昔は手書きが一般的だった家計簿。

しかし、今ではスマートフォンのアプリを使って家計簿をつけることができます。

ですから思った以上に簡単に家計簿をつけることができるため、やる前から面倒だと思わないことが大切です。

家計簿でも、絶対に就けておかなければならい項目はいくつかあります。

それを基準にして、今後の生活費や貯金額を決定することができます。

また、リアルに数字で見ることができるため、節約するという気力がずっと続くことも。

家賃は絶対に忘れないこと

毎月大きく負担しないといけないもの。

それが家賃ではないでしょうか。

基本的には自動的に引き落とされることが多いため、ついつい忘れてしまいがちな項目です。

しかし、家賃の項目を忘れてしまうと、実際に使った金額と大きくかけ離れてしまいます。

絶対に入力を忘れないようにしましょう。

また、家賃とは別で共益費なども支払っていることもあるため、それも忘れずに入力することが重要です。

食費はしっかり入力漏れのないように

毎月変動幅が大きい項目と言えば、食費ではないでしょうか。

コレに関して言えば、自分の意志で高くも低くもできてしまいます。

ですから、入力忘れをしてしまうと、やはり実際に使った金額と誤差ができてしまいます。

光熱費は強く意識しないと下がらない

光熱費と言えば、大きく分けて3つあります。

電気、水道、ガスです。

しかし、オール電化のご家庭もあるため、ガス代がない場合もあります。

通信費は忘れがち

携帯代金やパソコンのインターネット(NTTなど)や、プロバイダー料が通信費に属します。

こちらの項目も、使い方によっては安くもできますし高くもできてしまいます。

もし、携帯代金が毎月1万円近くになるのであれば、格安スマホ(MVNO)を前向きに検討してみるのもありです。

交際費などの雑費はレシートをもらっておくこと

とっても存在をわすれてしまがちな項目と言えば、交際費などの雑費ではないでしょうか。

たとえば外食したり、買い物で使ったり。

この項目に関して言えば、食費以上に変動幅が大きいと言えます。

そのため、しっかりレシートを受け取り保管しておくことが重要です。

クレジットカード代は1カ月遅れ

クレジットカードはその場で現金が必要ない分、1カ月遅れで支払いが待っています。

つまり、今月つかったとはいえ今月の家計簿に入力すると、ズレが生じてしまうことに。

忘れずに翌月利用分として家計簿アプリに入力するようにしましょう。

家計簿をエクセルでまとめるのは手間?

家計簿をアプリで入力するのはそこまで手間ではありません。

しかし、家計簿をつける方法はほかにもあります。

それがエクセルを使って記録していくことです。

もし、エクセルを使おうと思うのであれば最低限パソコンが必要になってきます。

もちろんスマートフォンでも使えますが、もともとはパソコンで利用されるために作られたものです。

さらには、パソコンを起動しないといけないというデメリットもでてきます。

手書きなら安心!昔ながらの家計簿のつけ方

パソコンもスマートフォンも、インターネットにつながっている以上、セキュリティ面で不安が残ってしまいます。

いまは個人情報が流出してしまうことが極端に気にする人も多いため、より安全に記入することも重要です。

そこで、もっとも安心安全な方法と言えば、手帳などに手書きで書きこむことです。

しかしセキュリティ面では問題ありませんが、やはりひと手間もふた手間もかかってしまうため、飽き性の人はしんどい作業です。

それでも、手書きで家計簿をつけたいのであれば、チャレンジしてみてください。

家計簿専用の手帳を手に入れ、毎日欠かさず記帳するようにしましょう。

1日でもサボってしまうと、家計簿の存在すら忘れてしまうことに。

朝起きて夜寝るような日課にしておけば、そこまでしんどい思いをしなくてもいいのではなでしょうか。

こちらの記事も参考にどうぞ
節約で貯金が全然できなくても絶対に諦めない!副業をして良かった3つの理由とは

まとめ

家計簿は、節約をするのであれば絶対にやらなければならないことです。

昔は手間もかかっていましたが、今はスマートフォンのアプリで簡単にできてしまいます。

ですから、実行する前から面倒だなんて思わずに、まずは行動に移してみることからはじめてみてはいかがでしょうか。

自分の使っているものが数字として表れるため、予想以上にやりがいのある作業ですよ。

ABOUT ME
ねこすけ
■記事の信用性について■ 都会暮らしなのに、ありえないくらいの低い年収で超節約生活を余儀なくされる。それをきっかけに、楽しく節約するために20件以上のスーパーマーケットへ調査。グラム単位で食材費を丸暗記。節約を意識して約10年経過しました。ですから主婦にも負けないくらい高度な節約に関する情報をリアルな体験とともに提供していきます。 元レディースファッションアパレル店員 元ソフトバンク社員 現Web関連の仕事