節約

【月5万円貯金】誰でもできる節約術!一人暮らしでも確実に貯金できてストレスがかからない方法

節約術

世の中は、悲しいことに平等ではありません。

とてもお金持ちの人もいれば、そうでもない人も存在しています。

しかも、割合的にはそうではない人のほうが多いのは事実。

もちろん、私もです。

給料が少なければ、手元に残るお金はごくわずか。

お金がなくなればななくなるほど、貯金はできません。

そこで、年収300万円時代が長かった私の、年間100万円以上貯金できた方法をお伝えしますので、参考にしてみてください。

なぜ貯金をすることができないのかの原因から追究してみよう

そもそも、なぜ手元にお金が少しでもあるのに、貯金することができないのでしょうか。

それは、単純にあるから使ってしまうというわけです。

いやいや、そんなのは解っているよ、って聞こえてきそうです。

でも、分かっていてもお金を使ってしまうのが人間です。

また、給料がいくら入るのかは知っているが、1カ月に使うお金がどれくらいかを把握していない人は非常に多いはず。

それが貯金ができない理由と言っても過言ではありません。

つまり、お金の動きさえ把握していればかなりの貯金ができるということです。

では、少しでも多く貯金をするためにはどういう取り組みをすればいいのかを知っておきましょう。

これは鉄板!家計簿をつける

お金の動きを確実に知る方法。

それが、家計簿を毎日つけることではないでしょうか。

家計簿と言えば、主婦でも逃げ出すほど面倒な作業です。

しかし、私は4年間毎日家計簿をつけてお金の流れをチェックしています。

なぜそんな面倒で細かいことが毎日できるのか。

それは、絶対にいくら貯金するという強い信念があったからです。

むしろそれくらいの気持ちがないと、大きな貯金なんてできません。

今は家計簿専用のアプリがあるため、手間なく入力することで記録することができます。

しかも、アプリによってはレシートを写メするだけで自動的に登録してくれるアプリも。

世の中便利になったものです。

それくらい家計簿をつけるのは簡単になったので、挑戦してみてください。

毎月いくらの設定を決めその金額しか手元におかない

給料が振り込まれ、残っている分だけ使っていては、いつまで経っても貯金なんてできやしません。

そこで、貯金ができるおすすめな方法が、必要経費以外でいくら使うのかを知っておくことです。

例えば、給料の手取りが20万円としましょう。

一人暮らしであれば、家賃、光熱費、通信費などの固定費用がかかってきます。

そして残ったお金で、いくら使うのかを見積もっておきましょう。

とくに食費と交際費はしっかり関しておくだけでも、結構な貯金が実現できます。

私の一人暮らしの予算感については、

手取り 200,000(ボーナスなし)
家賃 65,000(都会のためやや高い)
光熱費 8,000
通信費 10,000(プロバイダーなども含む)
食費 10,000
交際費 5,000
美容代 2,000(美容院ですよ!)
残るお金 100,000

突然の出費もありますが、だいたいはこれくらいで推移しています。

正直、通信費や食費はもっとなんとかなるので、さらに貯金することだって可能です。

また、家賃は結構高めなため、その点はちょっと失敗したかなと思っています。

都会に住んでいるから仕方ないのかな?

給料の手元に残るお金が20万円とわかったところで、このように図にしてイメージしておくと、どれくらいの貯金ができるのかがはっきりわかります。

食費は別でとっておくべき

残ったお金をどうするのかで、貯金ができるのかがかかってきます。

そこで、やっておきたいことが、食費を決めたのならそれで1カ月やりきることです。

例えば、食費を1万円と決めたのであれば、それだけを茶封筒か何かに保管しておきます。

食材を買うときは、かならずその封筒から使うことを徹底するだけ。

今いくら使ったのか、いくら残っているのかを常に確認することができるため、おすすめの方法と言えます。

ちなみに、家族の人数にもよりますが、もし一人暮らしであればコミットは1万円以下に設定しましょう。

食費が3万円も4万円も超えるようでは、ただの甘えです。

食費が月に1万円ということは、1日300円くらいで抑えることが重要です。

つまり、コンビニやどこかのお店でご飯を食べることはできないということです。

無意識にコンビニに行っているようであれば、辞めておきましょう。

ですから朝食や昼食は、なるべく作って食べるようにしましょう。

朝ご飯は、簡単に食パンとコーヒー。

昼食は作ってきた弁当やおにぎりなどにするだけで、1日の食費は余裕で300円以内に収まります。

また、昼食は食べないという選択肢もできます。

今は、1日1食を推奨する書籍もあるため、あながち3食が絶対というわけではないということです。

なぜなら昼食を食べれば眠くなりますし、なにより食費が発生するため、食べないのもアリでしょう。

食費を抑えたいなら自炊は絶対

普通に外食ばかりしていては、食費を月に1万円以下に抑えることは到底不可能です。

したがって、自炊をすることでそれが叶うということです。

でも、自炊なんて面倒だし料理が苦手という人も多いことでしょう。

しかし、これも節約で貯金をするためだと思って少しくらいはできるようにならないといけません。

例えば、簡単で低コストの料理であれば、月の食費は1万円以下に抑えることができます。

カレー、パスタ、お好み焼き、焼きそばなど。

料理の腕が上達すれば、オムライスなんかも低コストでつくることができるでしょう。

スーパーに行くなら割引される時間に

もし、自炊をするのであれば、スーパーマーケットは欠かせない場所です。

しかし、買い方を間違えると月1万円どころかコンビニより高くなってしまう可能性があります。

とくに、今日の献立を先に決めてから行くこと。

もし、必要な食材がとても高かったとしたらどうでしょうか。

スーパーも日によっては、同じ食材でも値段は大きく変わってくるもの。

なるべく、スーパーに行って値段を見てから今日の献立を考えるようにしましょう。

また、スーパーでは必ずコアタイムがあります。

それが割引です。

閉店の3時間から4時間前くらいから、2割引き~半額のシールがはられるため、そこを狙って買い物してみてはいかがでしょうか。

半額は本当にでかいです。

電気代は極力セーブする

食費のほかに、自分でコントロールできるものといえば、電気やガス代ではないでしょうか。

どの電気機器が大きく電気代を使うのかを少しでも知っておけば、かなりの節約が実現できます。

その中でも、もっとも電気代を消費するのがエアコンです。

エアコンは、起動した瞬間に電気代が大きく使用します。

つまり、もしエアコンをりようするのであれば、つけたり消したりを頻繁にしないことが重要ということです。

1時間の外出くらいであれば、そのままつけっぱなしにしておいたほうが良いケースも。

とくに今はオール電化の賃貸マンションも増えてきているため、ガスを利用することはなくなってきましたが、下手すると高くついてしまいます。

雑貨系は安いからといって使わないものは買わない

何となく買っている雑貨。

たとえそれが100均だったとしても、あなどれません。

安いからといっていくつも買った結果、1,000円をオーバーしてしまうことも。

それが積み重なると、とんでもない金額になっていたなんてこともあります。

とくに家計簿をしっかりつけているのであれば、一目瞭然です。

この場合は、できるだけ必要なモノだけを買い、その他のモノは素通りするようにしましょう。

ときには我慢することも大切です。

少しの意識さえあれば月に5万円の貯金はできる

たとえ給料が少なかったとしても、どうにか節約の意識を強くもっていれば月に5万円の貯金は達成できます。

しっかりお金の使い道と、使った分を管理しておくだけ。

もし、月に5万円の貯金を継続できるのであれば、1年で60万円を貯めることができます。

10年頑張れば600万円です。

このように、目標をしっかり立て、強い意志で貯金することで希望の金額を貯めることができるのではないでしょうか。

まとめ

将来、いつお金が必要になるかなんて誰にもわかりません。

その時急に必要になったとしても、どうしようもないことは誰にでもわかるはず。

そうならないためにも、今から少しでも貯金を意識し確実に貯めていってはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ねこすけ
■記事の信用性について■ 都会暮らしなのに、ありえないくらいの低い年収で超節約生活を余儀なくされる。それをきっかけに、楽しく節約するために20件以上のスーパーマーケットへ調査。グラム単位で食材費を丸暗記。節約を意識して約10年経過しました。ですから主婦にも負けないくらい高度な節約に関する情報をリアルな体験とともに提供していきます。