節約

沖縄旅行でケチケチ節約しながら満喫できるプランを考案してみた

沖縄旅行 格安

めったに行けない旅行だからこそ、派手に散財したい!

誰もがそう思うのではないでしょうか。

いやいやしかし節約を考えている人にとっては、楽しみながらも節約したいはず。

家に帰ってきて使いすぎた現状を知って嫌な気持ちにならないためにも、前もって節約できる旅行プランをたてるようにしましょう。

今回は沖縄旅行で節約しながら、最大限に楽しめるプランをたてて、実際に旅行してきましたのでぜひ参考にしてみてください。

二泊三日の沖縄旅行のプラン

ざっくりと、二泊三日の沖縄旅行プランを組み立ててみました。

まず、沖縄までは基本的に飛行機で行かなければならないため、格安のLCCを選択。

ANAやJALなどは結構高いため、スルーをしました。

そして沖縄旅行では欠かせないレンタカーも超格安会社を選択。

さらには宿泊場所まで格安ホテルを予約しました。

宿泊ホテルは、ドミトリーやカプセル、民泊はなんとなく抵抗がありましたので、しっかりとしたホテルを選択。

レンタカーで行くところはしっかり行って、最終的には格安で旅行することができましたよ。

沖縄旅行で格安に行くなら飛行機は絶対にLCCを

みなさんはLCCというキーワードをご存知でしたでしょうか。

LCCとはピーチアビエーションやジェットスターのような格安飛行機のことを表します。

ANAやJALのように片道3万円も4万円もするようなチケットが、LCCだと1万円くらいで済むことがあります。

しかし、あまりにも安すぎてなんだか怖いと思うはず。

LCCの安さには秘密がある

実際にピーチアビエーションやジェットスターに乗ってみて安さの理由を知りました。

まず、ひと席がそこまで広くないということです。

ANAやJALなどであれば、横に10人くらい並んで座るため、横幅はとても広いという特徴があります。

LCCでは、新幹線のように横幅が狭いため、2列・3列シートというイメージになっています。

横幅が狭いからと言って、何も不便はありませんが飛行機に乗っている感を感じた多いのであればLCCはおすすめしません。

また、LCCは細かいサービスがないため、乗って降りるということだけでも問題ないのであればLCCは最高の移動手段といえるでしょう。

もちろん、事故もなく安全に発着できるため、わざわざANAやJALを使わなくてもいいのでは、と思っています。

沖縄旅行の宿泊ホテルは格安だけど贅沢に

沖縄旅行ではずせないものといえば、宿泊先ではないでしょうか。

せっかくの旅行だし豪勢に行きたいけれど、予算も限られている。

そんなときにおすすめなホテルが、「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」です。

リザンシーパークホテルは、恩納村という沖縄県のちょうど真ん中に位置する場所にあります。

那覇空港から車で約1時間程度で到着する、海岸から歩いて徒歩10秒のオーシャンビューホテルという特徴があります。

せっかくの沖縄だし格安でオーシャンビューのホテルに泊まりたいのなら、リザンシーパークホテルが超おすすめです。

沖縄中を自由に移動したいなら格安レンタカー

沖縄旅行で移動に欠かせないものと言えば、レンタカーです。

でもレンタカーは高いイメージがあるし、知らない道は運転が怖いと思ってしまうことでしょう。

そこで、スカイレンタカーであれば驚きの激安価格でレンタルすることができます。

沖縄旅行の格安レンタカーについては⇒沖縄旅行のレンタカーが激安すぎて感動レベル!?おすすめできる空港からバスありのお店

激安だからと言っても、とくにトラブルも問題もなく車もきキレイでした。

また、沖縄の道路は広いですしごちゃごちゃしていないので、運転も比較的楽です。(高速道路はとくに)

お金がほとんどかからない沖縄旅行

どんなものでもそうですが、ものを買うときや観光スポットに行く際に何かしらの費用が掛かってしまうものです。

沖縄旅行では、低予算でしっかり遊ぶことができるんです。

万座毛(まんざもう)

万座毛は恩納村の海側にある絶景スポットです。

万座毛は断崖の絶壁ですが、ある場所から見ると象の鼻のように見えることから超人気のスポットとなりました。

万座毛は車で行けますし、駐車場代もかからないため気軽に行くことができます。

万座毛は那覇空港から1時間程度で到着します。

利用料金:0円
駐車料金:0円

国際通り

沖縄と言えば国際通りが有名ではないでしょうか。

国際通りはお土産や飲食ができる観光スポットで土産を買うならおすすめのスポットです。

なぜなら、国際通りのお土産屋さんは異常に安いからです。

飲食は割と普通の値段でした。

ぶらり歩き:0円
飲食:店による
お土産:紅芋タルトなど数百円からある

真栄田岬・青の洞窟

沖縄と言えば海です。

海へ入らずして沖縄旅行の意味がありません。

もちろん、遊泳地区であればどこでも好きな場所で、しかも無料で泳げますが、お金を払ってでもやってほしいことがあります。

それが青の洞窟のシュノーケリングです。

海がキレイなのと同時に、鮮やかな魚たちがたくさんみることができて、まさに映画のワンシーンのようでした。

正直これのために、もういちど沖縄旅行をしたいと思ったほど。

シュノーケリングの値段もピンキリですが、割と安くてもしっかり対応してくれますよ。

シュノーケリング:2,500円~(2時間)
ウェットスーツ:無料
足ひれ:無料
ゴーグル:無料
シャワー:無料
上記の細かいものは有料の場所もあります。

 

古宇利大橋(こうりおおはし)

沖縄県の北東部にあります古宇利大橋。

この古宇利大橋とは、ハートロック(ハート形の岩)を見に行くために通る橋のことを表します。

古宇利大橋から見える海は、まさに絶景。

あまりにも美しすぎて事故をしてしまいそうになるほど。(安全運転で!)

行きも帰りも通行料は無料ですからお金はまったくかかりません。

できれば日が明るいうちにいくのがおすすめですよ。

古宇利大橋の通行料:0円

ハートロック

古宇利大橋を抜けてしばらく海沿いを走るとハートロックはこちら、という看板が見えるはずです。

各それぞれ駐車場がありますが、駐車料金は100円程度とかなり良心的です。

ハートロックに行くまでに険しい道をあるかなけばなりませんが、費用はかかりません。

駐車場:0円~100円程度
ハートロック観覧:無料

海で泳ぐ

基本的にはどこの海で泳ぐのも無料です。

節約して大いに楽しみたいのであれば、海で泳ぎまくるのがベストです。

もちろん海で泳ぐのにはお金はかかりませんが、各駐車場の料金だけ気を付けましょう。

でも沖縄県の駐車場料金はとても安いため、都会のようなびっくり価格はありません。

海で泳ぐ:無料

沖縄旅行で実際にかかった費用

最終的に2泊3日でかかった費用は1人あたりどれくらいなのでしょうか。

外食系は人や人数によって異なるので除外します。

格安飛行機:往復20,000円
格安ホテル:7,000円×2=14,000円
格安レンタカー:6,800円(ガソリン代除く)
合計:40,800円

これに沖縄旅行に参加する人数や飲食代をプラスしてください。

また、この料金プランは繁忙期を避けた9月に実行したものです。

そのため時期によっては料金プランが異なる可能性もあるためご了承ください。

沖縄旅行で事前にもっていきたいもの

旅行に行くと、必要なものは準備しているがいざ到着したときに、忘れてしまったり買わないといけなかったりするのではないでしょうか。

沖縄旅行で実際に持っていってよかったもの、持っていくべきだったものをお伝えします。

・浮き輪
・空気入れ
・ゴーグル
・シュノーケル
・ETCカード
・沖縄ガイドブック
・クロックス
・スマホ防水ケース
・洗濯ばさみ
・サロンパス

など、ぜひ参考にしてみてください。

沖縄旅行の格安まとめ

人によってはめったに行けないであろう沖縄旅行。

だからこそ一生の思い出として楽しみたいものですが、予算も限られているためそのなかでなんとかしなければなりません。

普通にネットで検索してしまうと、通常料金で移動や宿泊をしないといけないことも多いため、格安プランを利用してお得に旅行をしてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ねこすけ
■記事の信用性について■ 都会暮らしなのに、ありえないくらいの低い年収で超節約生活を余儀なくされる。それをきっかけに、楽しく節約するために20件以上のスーパーマーケットへ調査。グラム単位で食材費を丸暗記。節約を意識して約10年経過しました。ですから主婦にも負けないくらい高度な節約に関する情報をリアルな体験とともに提供していきます。