節約

節約するには社会人は何から?食費や光熱費より交際費がネック!永久不滅な財テク!

節約 社会人

社会人になって、一人暮らしを経験している人は思った以上に食費や光熱費がかかり、節約をしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

同時に、会社で先輩や同僚・後輩などとの繋がりができるので、プライベートでお付き合いがあったり、仕事帰りに一緒に出掛けたりする事もあるでしょう。

そうなると、実は、交際費もけっこうかかってきます。

今回は、節約するには社会人は何から必要なのかや、食費や光熱費より交際費がネックになる事と永久不滅な財テクなどについてご紹介していきます。

節約するには社会人は何からするべき?

節約するには社会人は何からするべきなのかご紹介します。

まずは、いきなりお金を節約する事から始めるのではなくて、自分がどんな出費をしているのかを把握する事が大切です。

ですので、メモとペンを用意して、何にいくらお金を使っているのかを書き出してみましょう。

そうする事で、必要以上にお金を使っていないか探し、無駄な出費を無くす事で節約にも繋がります。

節約するには、社会人は食費・光熱費の他に1円単位で自分が普段何にお金を使っているのかをメモ用紙に記入して、どこか削れる部分はないか考える事が大切です。

そして、最も簡単な節約方法は固定費の見直しです。

スマートフォンやインターネットの通信費・家賃・生命保険料などの固定費を見直しましょう。

そのような固定費は、契約プランを変えるだけですぐに節約効果が出るのでおすすめです。

節約するには社会人は、食費・光熱費を見直すべき?

節約するには社会人は、食費・光熱費を見直すべきなのかご紹介します。

まず最初は、あまり細かく食費や光熱費を節約する事に挑戦しない方が良いでしょう。

なぜなら、自分が食べる物や生活空間の質を下げて我慢をする事を続けてしまうと、だんだんとストレスを溜めてしまう事になります。

ストレスは、自分でも気付かないうちに溜まっていくものですから、溜めすぎるとある日突然、我慢が抑えきれなくなって一気に爆発してしまう事があります。

そうなると、節約する事の意味や目的を考えてしまい、しまいにはバカバカしくなって節約生活を止めてしまう事にもなるでしょう。

子どもなら、両親がなんとかしてくれるでしょうが、働き出した社会人ともなれば生きていくだけでお金がかかるので、浪費癖や衝動買いをする癖をつけてしまうと今度は借金まみれになる恐れもあります。

ですので、節約する社会人は、食費・光熱費を最初に見直すのではなくて、簡単に見直せる固定費から節約をしていく事をおすすめします。

節約するには社会人は、食費・光熱費より交際費を見直そう

節約するには社会人は、食費・光熱費より交際費を見直す事が大切です。

特に、仕事終わりに自宅に直行しないで飲食店などに寄り道をしてしまう方は要注意です。

会社の先輩・同僚・後輩などと、仕事終わりにリラックスして過ごす時間も楽しいですし大切だと思いますが、月に何度も出掛けていると、月の交際費が10万円ほどになっていたという人も少なくありません。

とは言え、社会人にとってコミュニケーションは大切ですから、仕事の関係者や友達との飲み会・食事を全て断っていては、かえって仕事のチャンスを失う恐れもあります。

ですので、完全に交際費はゼロにする必要はありません。

例えば、週末だけ外出して職場の人達や友達と出掛ける事にするとか、飲み会や食事をする回数を決めると良いでしょう。

そうすれば、交際費の計算も簡単になりますし、月にこの位の金額がかかるので、これくらい節約しようと具体的な計画を立てやすくなります。

普段、コツコツと節約を重ねて、会社からボーナスを頂いた時だけ、パーッとお金を使うという事もありでしょう。

できるだけ、ストレスを溜めないような節約方法を実践していきましょう。

節約するには社会人は断捨離は何からするべき?

節約するには社会人は断捨離は、何からするべきなのでしょうかご紹介します。

節約を見直すには、食費・光熱費・固定費・交際費などを改めて、どのくらい使っているのか把握する事が大切です。

また、節約の一環として物を断捨離するという方法もあります。

物を捨てる事で、確かに部屋の整理整頓になって気持ちが入れ替わり節約効果が高まる場合もあるでしょう。

ですが、後からやっぱり自分にとって必要な物だったとか、捨てるのはもったいないと思ったりして悩む時間が増えたりするので、後悔したり無駄な時間ばかりが過ぎてしまう事もあります。

ですので、物の断捨離ではなくて心の断捨離を社会人の方はするのがおすすめです。

心の断捨離とは、例えば、美容院に行って髪を切ってもらっている人は、安い1000円カットで良いやと思うようにして節約したり、車に乗りたいと思う人は、車を所有すると維持費がかかると思うようにすれば、理性が働いて節約できると思います。

このように、物の断捨離ではなく、心の持ち方を変えるだけで節約に繋がりますし、後からもったいないと思ったり後悔する事も少なくなるはずです。

まずは、心の断捨離をしてから、それでもまだ節約が足りないと思えば、物の断捨離をして節約効果を高めていくようにしてみてはいかがでしょうか。

節約する社会人には、永久不滅な財テク術をご紹介

節約する社会人の方に、永久不滅な財テク術をご紹介します。

食費・光熱費・固定費・交際費などを見直すだけでも、かなりの節約効果が期待できますが、他にもやったほうが良い事があります。

それは【ふるさと納税】の制度です。
現在、収入がある人であれば誰でも100%節約になります。

例えば、ふるさと納税では10000円の寄付で5000円のお米が返礼品として貰えたりします。

そして、寄付した10000円は2000円を差し引かれて、来年の住民税から控除されるという仕組みになっています。

つまり、実質2000円の負担でお米が5000円分貰えるわけなんですね。

こういった、財テクを知っていれば、食費・光熱費・固定費・交際費などを見直す事だけが節約するのに大切なわけではないという事が理解できます。

さらに、節約する社会人には、楽天ふるさと納税なら、寄付金額にもポイント還元がされるので、よりお得になるというわけです。

こういうメリットが多い財テクは、やらなきゃ損だと思います。

また、女性であれば化粧品の出費を見直すと、かなりの節約効果が出る場合があります。

基礎化粧品などに毎月数万円も、使う女性も多いのではないでしょうか。

確かに、高価な化粧品は品質が良いので欲しくなりますが、毎月何万円も使ってしまうと年間にすると何十万円の出費になってしまいます。

ですので、お肌にあう化粧品であれば、値段は安くても納得できるのではないでしょうか。

そういった化粧品を揃えていけば、年間、かなりの節約ができるのでおすすめですよ。

節約するにはのまとめ

節約する社会人には、食費・光熱費・固定費・交際費などを見直す事が大切です。

ですが、まずは自分が何にいくらお金を使っているのかを知る事が大事ですから、紙とペンを用意して書き出してみましょう。

その上で、無駄にお金を使っているところはないか吟味したり、削っていく事で節約効果が高まります。

また、物の断捨離ではなく、心の断捨離をする事で自己管理能力が高まり、結果的に出費を抑える事ができるので意識する事が大切です。

ABOUT ME
ねこすけ
■記事の信用性について■ 都会暮らしなのに、ありえないくらいの低い年収で超節約生活を余儀なくされる。それをきっかけに、楽しく節約するために20件以上のスーパーマーケットへ調査。グラム単位で食材費を丸暗記。節約を意識して約10年経過しました。ですから主婦にも負けないくらい高度な節約に関する情報をリアルな体験とともに提供していきます。 元レディースファッションアパレル店員 元ソフトバンク社員 現Web関連の仕事