節約

2人暮らしの食費を1万円以下に抑える究極の節約方法とは?無駄な買い物を徹底的に排除!

2人暮らし 食費 節約

今まで1人暮らしをしていて、ある程度お金の流れは把握できていた。

しかし、それが同棲や結婚して2人暮らしになると、確実にお金の流れが変わり管理が難しくなってしまいます。

なぜなら、2人ともお金に対する価値観が違うからです。

特に変動が大きくなりがちが食費がそう。

2人暮らしをはじめてふたをあけてみれば、月の食費が予定よりオーバーしていたなんてことにも。

ここでは、2人暮らしでもしっかり食費を抑えるためにできることを体験談とともにお伝えします。

こんな人におすすめ
・1人暮らしで節約できていたのに2人だとうまくいかない人
・食費を節約したいのになかなかうまくいかない人
・できれば1か月の食費を1万円以下におさえたい人

1人暮らしで管理できていた食費が2人暮らしで苦労する理由

今までは、ずっと1人暮らしだったため、何にいくら使おうが、ある程度は把握できていた。

食費に関してもどれだけ使おうが、おとがめもなし。

節約するのも、自分のさじ加減でできてしまう。

しかし、それが2人暮らしになると大きく変わってしまいます。

どちらかの金遣いが荒ければ、貯金なんてそもそもできません。

むしろマイナスかもしれません。

また、今まで実家暮らしだった人は、お金の管理方法を知りません。

そのため、今後のためにしっかり節約して貯金を意識しなければならないということです。

いやはや、大変です。

節約を今までしたことがない人であれば、以下の本が大いに役立ちます。

【POD】手取り17万円でも3年間で100万円貯める方法 「お金がない!」を節約で変える (impress QuickBooks)
created by Rinker
¥990
(2020/07/05 16:59:17時点 楽天市場調べ-詳細)

1週間2000円レシピ 1〜2人暮らしの節約定食【電子書籍】[ 伊藤 朗子 ]
created by Rinker
¥817
(2020/07/06 04:49:27時点 楽天市場調べ-詳細)

2人暮らし初月から節約を強制しないことが大切

これから2人暮らしだ!頑張って節約しよう、と考えて意気込んでいたのもつかの間。

2人暮らしになると、とくにお金に関してはお互いの考え方が全く違うため、苦戦するはずです。

とくにどちらか、もしくは両方が1人暮らしをしたことがないのであれば、なおさらです。

しかし、いきなり最初からあえて節約を意識しないこと。

これから楽しく生活していくために、最初からしばられてしまうと、ストレスを感じてしまいます。

まずは、様子見もかねて1か月間普通に生活をしてみてください。

POINT
面倒かもしれませんが家計簿だけは毎日つけておいてくださいね。この家計簿が今後の節約に大いに役立ちます。

1ヶ月経って、あらためて家計簿を確認してみて、使いすぎなところやそうでないところを2人で話し合うようにしましょう。

普段お金のことを気にしない人でも、数字で確認できれば、現実を直視することができます。

とくに、家計簿で赤字であれば余計に節約に燃えてくれるはず。

これが、2人暮らしでモメないために、やっておくべき秘策です。

簡単にできる家計簿のつけかたは節約するためには家計簿アプリが必要不可欠!手軽で簡単に6項目を記録するだけをチェックしてください。

2人暮らしで食費を月1万円に抑えるためにやるべき4つのこと

ちなみに、2人暮らしで1か月にかかる食費の平均は5万円前後と言われています。

平均から4万円も落とすなんて本当にできるのか。

答えは絶対にできます!

いやいや、4万円も節約できれば年間で48万円も貯金できますよ。

では、2人暮らしで食費を限りなく抑えるためには、どういうことをすればいいのでしょうか。

可能な限り外食は避けること

外食はどこのお店でも美味しいですし、料理をしなくていいからとっても楽です。

しかし、1食が平気で1,000円近くなることも多いため、2人なら2,000円もかかってしまうというわけです。

1週間分の食費が、わずか1食で達成してしまう。

どう考えても、外食は節約には100%向いていません。

どうしても外食をするのであれば、ファストフード級のお店を探しましょう。

・マクドナルドの「チキンクリスプ」で100円
・はなまるうどんの「かけ」で150円

など、探せば結構ありますよ。

食費が1万円なら週に2500円の予算で買い物すること

1か月の食費が1万円と決まめたとします。

すると1週間で使える食費は2,500円ですよね。

つまり、1週間で2,500円しか使えないと思えばどうでしょうか。

買い物で失敗する人の大半は、好きなときに買い物にいって予算オーバーしてしまいがちです。

なぜなら、自分が今どれだけ食費に使ったのかを把握していないからです。

それは定期的に買い物すればするほど、お金の管理ができなくなってしまいます。

ですから、2,500円だけを別の財布や封筒に入れて保管し、週に1回だけの買い物で済ますようにしましょう。

そうすることで、いつどこでどれくらいのお金を使ったのかを把握できます。

また、現在お金がいくら残っているのかも簡単に解りますよ。

POINT
・こまめに買い物をしないこと
・1週間で買い物する分だけのお金を分けておくこと
・1週間にいちどの買い物で終わらせること

この3つが節約するためにはとっても重要です。

今日のご飯を決めてから買い物をしないこと

本来であれば、事前にレシピを決めて買い物をするのが当たり前かと思います。

しかし、その行為が節約から遠ざかってしまっています。

なぜなら、レシピを決めて買い物をしたときに、たまたま食材が高かったとしたらどうでしょうか。

もうレシピは決まっているし、変更できないからその食材を買ってしまうはず。

ですから、可能な限りレシピを決めずに買い物をしてください。

その日安い食材だけをまとめて購入し、レシピを考えることでより節約することができるでしょう。

POINT
・レシピは食材購入後に決めること
・買い物当日に安いものだけを買いそろえること
・高い食材はフルシカトすること

節約に協力してくれたのなら感謝すること

いきなり節約するのは、とてもしんどいことですし、人によっては楽しくないかもしれません。

それが当たり前のようになってしまうと、節約をさらに強制してしまい、相手にストレスを与えてしまうことにも。

ですが、これだけは忘れてはいけません。

節約に協力してくれている人に、感謝の気持ちを表すことを。

もし、節約に協力してくれたのであれば、何かしらのご褒美をあげてみましょう。

きっと喜んでくれるはずですよ。

POINT
・節約してもらうのは当たり前と思わないこと
・節約に協力してくれた感謝をすること
・頑張ってくれた対価としてご褒美をあげること

まとめ

2人暮らしで、1か月の食費が1万円というのは、普通にしているととてもじゃないですが達成はできません。

節約をするという意識も大切ですし、なにより相棒の理解と協力なくしては不可能です。

ですかから、まずは今の現状を把握することからはじめて、話し合い、節約するようにしましょう。

ABOUT ME
ねこすけ
■記事の信用性について■ 都会暮らしなのに、ありえないくらいの低い年収で超節約生活を余儀なくされる。それをきっかけに、楽しく節約するために20件以上のスーパーマーケットへ調査。グラム単位で食材費を丸暗記。節約を意識して約10年経過しました。ですから主婦にも負けないくらい高度な節約に関する情報をリアルな体験とともに提供していきます。