節約

今すぐデキる完璧な節約術20選!食費代・電気代・スマホ代・カード代をお得にする方法

節約術

皆さんは、節約できていますでしょうか?

実際にアンケートをしたところ、実際は節約できている、と思っていても全然できていないケースが多いようです。

そこで、節約マニアの私が「今すぐデキる節約術30選」をお伝えしています。

1円でも節約するために、参考にしてみてくださいね。

こんな人におすすめ
・節約したいが思ったように節約できない人
・節約しているつもりが全然できていない可能性のある人
・これから節約をはじめたいと思っている人

食費を抑えるための節約術

食費を限りなく抑えるための節約術について見ていきましょう。

無駄なものは買わない

当たり前ですが、無駄なものを買ってしまうとそれだけで節約から1歩遠のいてしまいます。

例え、うまい棒1本だったとしても、購入はいけません。

なぜならひとつOKしたら、もうひとつOKしてしまうから。

たったの10円でも、ちりも積もれば山となる、ですよ。

節約は妥協してはいけません。

1円を甘く見ると1円に泣きます。

月の食費を決めたらコミットすること

節約をするにあたり、月の食費をあらかじめ決めておくことが重要です。

なぜなら、いくら使っていいのか、いくら使ったのかが解らないからです。

例えば、このブログで推奨しているのが・・・。

1人暮らしの月の食費が5,000円~10,000円

2人暮らしなら月の食費が10,000~15,000円です。

ぶっちゃけ、一般的な平均よりかなり低いですが、できないことなんてないです。

やればできるんです。

月の食費を決めたら4週間で割ることで、食費の把握ができます。

そうすることで使いすぎることがなくなり、コミットが達成できます。

細かいものを買い続けないこと

どうしても細かい金額のものは、まぁいっかと思って買ってしまいがちです。

例えば半額の品物であれば、迷うことなく購入してしまう。

この考えは危険です。

本当にそれは必要でしょうか。

衝動買いをしていないでしょうか。

確実に必要なモノだけを買うようにしましょう。

安い食材を理解する

食費を抑えるために、絶対に必要なこと

それが、食材の値段を把握することです。

どのスーパーマーケットでも、毎日大きく値段が変動すると言うデメリットがあります。

今日はジャガイモ1個が50円だったのに、明日になると100円になるケースも。

100円なら安いかなぁと思って買ってしまうと、損をしてしまうということです。

ですから、可能な限りスーパーに足を運び、ひとつひとつの食材の値段を把握するようにしましょう。

それだけでも、大きく節約できますよ。

安いスーパーを探しまくる

食費を抑えるためには、安いスーパーを探すことが重要です。

コンビニはどこでも値段は同じですが、スーパーに関して言えばびっくりするくらい値段が違います。

たとえば、キュウリが1本100円のスーパーもあれば、20円のスーパーもあります。

80円の差ってとても大きいです。

もし、関西にお住まいであれば、ラムーやディオが激安なので、足を運んでみてください。

ちょっと遠くても行く価値ありです。

関西のスーパーマーケットの比較については⇒節約ブログは本当の節約ではない!究極に食費を追い込んだリアルな節約方法を一挙公開

安すぎて腰を抜かしてしまいますよ。

電気代(オール電化)を抑えるための節約術

次に、オール電化の電気代を限りなく抑えるために何をするべきかを見ていきましょう。

23時以降に電気を使うようにする

オール電化は、基本的には午前や午後は使用料金が一律3倍ですが、それ以外の時間帯は逆に3分の1に収まります。

その節約できる時間帯が、23時から翌7時までの間です。

ぶっちゃけ、この時間に電気を使うことはないかもしれませんが、エアコンだけは神経質になるべきです。

電気代のなかで、もっとも高いものといえばエアコンではないでしょうか。

しかし、23時以降にエアコンをつけるようにして、3時間くらいのタイマーにしておけば、かなり安い電気代が実現します。

電気代が高いお湯はぬるめで使う

エアコンと同じくらいに電気代を使うもの、それがお湯です。

オール電化では給湯器がありますが、そこで熱々のお湯が深夜に作られます。

そのお湯を水と割ったものが、温かいお湯として蛇口からでてくるというわけです。

ですから、むやみに熱いお湯をだしてしまうと給湯器のなかのメモリが一気に減ります。

そうなると減った分だけまたお湯を沸かすことに。

電気代が安い深夜帯にお湯を沸かしてくれるとはいえ、かなりの電気代なので、なるべくぬるめのお湯を出すようにしましょう。

それだけでも、電気代がかなり節約できますよ。

エアコンはON・OFFの繰り返しを辞める

電気代が高くなる要因として、エアコンのオンオフがあげられます。

とくにオンにする瞬間に電気代がマックスになるため、暑いから、寒いからといってオフにするのはよくありません。

もし、そういう状況になった場合はなるべく温度調整や風量の調整をするようにしましょう。

専用アプリを見て毎日の電気代を把握する

今現在の電気代はどれくらいか。

節約を意識している人であれば、とても気になるのではないでしょうか。

そこで電力会社が提供しているアプリが役に立ちます。

私が利用している関西電力の「はぴeみる電」は、時間ごとや日ごと、月ごとの電気代を見ることができます。

つまり、この時間帯は使いすぎたから節約しよう、ということができてしまいます。

長い時間IHを使わない料理を作ること

本来であれば料理を作るのはガスの出番ですが、IHではすべて電気でまかないます。

つまり、電気を使う料理であればあるほど、電気代が高くなってしまいます。

可能であれば23時以降に作っておくのがベストですが、なかなかそうもいきません。

ですから、可能な限り電気を長く使うような煮込み系の料理は避けるようにしましょう。

スマホ代を抑える節約術

絶対的に必要なスマートフォン。

しかし、このスマートフォンも最大限節約することができます。

こちらは元ソフトバンクの店長でもあった私が、詳しく解説します。

無駄なオプションがないか調べる

携帯を新規契約した際に、店員にいろいろオプションなどを強要されるケースが結構あります。

そのときは無料ですが、しばらくすると有料になって知らず知らずに課金されていたなんてことも。

どう考えても無駄な費用のため、いまいちどプラン内容を確認してみてください。

絶対にひとつやふたつは、不要なオプションがあるはずです。

オプションは結構高いため、解約するだけでもかなりの節約になりますよ。

プランを変更する

どのキャリアも、料金プランがとても複雑。

当時、ソフトバンクの店長だった私ですら料金を把握するのは至難の業でした。

ですから一般の人が料金プランを把握しているなんていうのは、まぁありえませんよね。

そこで、改めて料金プランの見直しをしてみましょう。

電話をしないのに、電話し放題プランに入っていたり、通信しないのにギガ数が多かったり。

絶対に無駄なので、契約している携帯会社に行くようにしましょう。

機種変更はしない

ずっと使っているキャリアだから、引き続き機種変更をする。

実は、この機種変更はキャリアにとっても自分にとっても、全くのメリットがないということをご存知でしたでしょうか。

キャリアからすれば機種変更の粗利が笑えるほど低く、積極的に受付をしたいとは思えません。

お客様の立場で言うと、機種変更はとくに割引もなく端末代がのしかかるので、余計に高くなってしまうというデメリットがあります。

昔は、メールアドレスが変わるから同じキャリアが良いとかよく言われましたが、今はLINEの普及によりそれも聞かなくなりました。

つまり、機種変更をするメリットが1ミリもないということです。

むやみに課金しない

お気に入りのアプリを見つけると、どうしても課金をしたくなってしまいます。

支払いが1回きりのものであればいいですが、ほとんどは細かく課金をしなければなりません。

課金中毒になってしまうと、もはや辞めるに辞められなくなってしまうため、はやめに対策を打っておきましょう。

なるべく有料のアプリは1回支払って終わりのものにする。

もしくは1か月に使える金額を設定することをおすすめします。

格安SIM(格安スマホ)に乗り換える

元ソフトバンクの店長が、もっとも感激したのが格安SIMの安さです。

もともと格安SIMは電波が悪かったので評判はイマイチでした。

しかし、時代も変わり楽天モバイルに乗換した結果、電波に問題がなかったため衝撃を受けました。

しかも料金は2000円代をキープ。

なんで今までソフトバンクやauに高いお金を払っていたんだろう、と後悔までしたほどです。

クレジットカード代を抑える節約術

最後にクレジットカードをお得に、節約できる方法をお伝えします。

クレジットカードは緊急時だけに使う

そもそも、クレジットカードを使うから無駄遣いになってしまうわけです。

クレジットカードは後払いということもあり、心理的要素も軽減されます。

「後払いだしいいや、買っちゃえ!」って行動をした人も多いはず。

つまり、クレジットカードは普段から使わないことが重要ではないでしょうか。

どうしてもの緊急時だけに、クレジットカードを使うことをおすすめします。

ポイントが高いクレジットカードを使う

どうしてもクレジットカードを使わなと行けない場合は、なるべくお得にしたいものです。

そこで、利用に応じてポイントがもらえるようなクレジットカードがおすすめです。

ポイント制のクレジットカードはたくさんあるため、用途に合ったものを選ぶといいでしょう。

年会費は永年無料のクレジットカードを選ぶ

おなじクレジットカードでも、年会費が永年無料と毎年発生するものがあります。

私はアメリカンエキスプレスのカードと、楽天カードの2枚を持っていましたが、後者が圧倒的に良かったです。

そもそもアメックスは年会費が高いですし、マイルが貯まっても飛行機はめったに乗りません。

対して楽天カードは、ネットで買い物をしたり公共料金を支払うだけでポイントが加算されます。

楽天カードのことを詳しく知りたいなら⇒クレジットカードを持つなら楽天カードがおすすめ!審査がゆるいしポイント高めで嬉しすぎ

クレジットカードの利用限度額を決めておく

クレジットカードは後払いなので、どんどん利用してまうことがあります。

結果的に、翌月の支払いで痛い目を見て、最悪支払えないなんてことにもなるでしょう。

そうならないためにも、クレジットカードの利用限度額を設定しておき、無駄に使わないようにするべきです。

いくら使っていくら支払うのかを把握しておく

クレジットカードのいちばん怖いところは、今いくら使って、いくら支払うのかを理解できないことです。

もちろん、各クレジットカード会社のサイトにログインすれば、支払情報は見れますがログインが結構面倒です。

ですが、今後のことも考えて今いくら使ったのかをしっかり覚えておくこと。

また翌月いくら支払わないといけないのかを、チェックしておくことで、後悔のない支払いができますよ。

まとめ

普段生活をしていても、無駄なところはいっぱいあります。

その無駄を削るからこそ、節約ができるわけです。

もし、1円でも節約したいという思いがあるのなら、どれかひとつでも実行してみてください。

それに慣れてくれば、節約も楽しくなること間違いなしです。

 

ABOUT ME
ねこすけ
■記事の信用性について■ 都会暮らしなのに、ありえないくらいの低い年収で超節約生活を余儀なくされる。それをきっかけに、楽しく節約するために20件以上のスーパーマーケットへ調査。グラム単位で食材費を丸暗記。節約を意識して約10年経過しました。ですから主婦にも負けないくらい高度な節約に関する情報をリアルな体験とともに提供していきます。