節約

ミニマリストが絶対にやらない無駄遣いとは!?貯金できない生活から抜け出す方法

ミニマリスト 節約

生活している以上、何かを買うという行為は絶対にはずせないものです。

しかし、その何気ない買い物が、とてつもなく無駄になっている可能性があります。

もし節約をしたいと強く思っているのであれば、その行動を改めなければなりません。

これが無駄遣い!今すぐに辞めるべき行動

自動販売機でジュースを買う

ついついのどが乾いたら近くにある自販機で、ジュースを買ってしまいます。

1回の購入金額は100円前後ではありますが、何回も繰り返しているとバカになりません。

喉が渇くこと前提で、家から水筒を準備しておけば、限りなく0円で済みますよ。

コンビニでちょっとしたものを買う

ちょっと小腹がすくと、どうしても無意識にコンビニに入ってしまいます。

しかもコンビニはあちこちにあるため、気軽に行けてしまいます。

お菓子1つ、ジュース本とこちらも何度も買ってしまうと、かなりの出費になります。

外食をしてしまう

無駄遣いの代表として、外食があげられます。

ご飯を食べることは無駄ではありませんが、外食そのものが無駄です。

なぜなら1回に数百円から1000円近く使ってしまうからです。

ヘタしたら数回分の食費になってしまうため、外食は避けるべきです。

欲しいからと言って衝動買いをしてしまう

ショッピングをしていると、一目ぼれしてどうしても欲しい、そう思ってしまうことは非常に多いはずです。

そこで我慢できればまだ良いですが、そのまま無意識に購入してしまいがちです。

それが何千円、何万円もするものであれば絶対に買うのを辞めましょう。

生活に必要なものであれば、良いですが、繰り返していると確実に節約できなくなります。

クレジットカードを多用する

無駄遣いの最大級と言えば、クレジットカードを使うことではないでしょうか。

クレジットカードの恐ろしいところは、その場でお金を支払わなくていいということです。

来月、勝手に通帳から引き落としされるから、まぁいっか、なんて思ってしまう。

ですから翌月の支払いの額がでかすぎて後悔してしまうことになるでしょう。

スマホで課金をしてしまう

まさに中毒、それがスマホ課金です。

ちょっとの課金なら問題ありませんが、月に数万円、十数万円の課金をしていると、もはや後戻りできなくなります。

サービスが終了したら紙屑にもなりませんよ。

そのときに残されたものは、むなしさと悲しさだけです。

無駄遣いを確実に減らすために絶対やるべきこと

ここからは、無駄遣いを徹底的に減らすためにやるべきことをお伝えします。

財布の中身は決まったお金だけを入れておく

財布の中に余計なお金が入っていれば、ある分を使ってしまいます。

ですから、毎月決まった分だけを財布に入れておくことが大切です。

コンビニや自販機は利用しないこと

強烈に意識しないと、コンビニや自販機を避けることができません。

しかし、節約したいという意識があれば、必ず達成できますよ。

コンビニや自販機を我慢すれば、ひと月に数千円以上節約できることもあるため、意識して実行しましょう。

クレジットカードは家に保管しておく

財布にクレジットカードを入れておくと、絶対にどこかのタイミングで利用してしまいます。

これも後々後悔しないように、クレジットカードを自宅に保管しておきましょう。

まとめ

どうしても我慢ができず、無駄遣いがやめられなくなってしまいます。

しかし、節約して貯金ができるという目標があれば、だれでもそれに向けて達成できるはずです。

みなさんも、無駄遣いをやめて今後のために貯金するようにしましょう。

ABOUT ME
ねこすけ
■記事の信用性について■ 都会暮らしなのに、ありえないくらいの低い年収で超節約生活を余儀なくされる。それをきっかけに、楽しく節約するために20件以上のスーパーマーケットへ調査。グラム単位で食材費を丸暗記。節約を意識して約10年経過しました。ですから主婦にも負けないくらい高度な節約に関する情報をリアルな体験とともに提供していきます。