節約

食費を賢く節約!1人暮らしでも1万円以下で過ごすためにやるべき3つのルール

食費節約

生活をしていくうえで絶対的に必要なモノと言えば、食料ではないでしょうか。

それは、人間が生きていくためになくてはならない存在。

とは言え、毎日好きなものを食べていると食費がバカになりません。

一人暮らしなのに、月の食費が5万円を超えたり、二人以上になるとそれ以上になってしまうことも。

そんな生活をしていては、いつまでたっても節約も貯金もできません。

そこで、1人暮らしでも食費を月1万円以下に抑えるためには何をするべきかを、実体験をもとにお伝えします。

リアルな1人暮らしの食費事情を調査してみた

大きく節約しようと思ったら、手を付けやすいところ。

それが食費ではないでしょうか。

光熱費以上に目に見えて調整できるため、うまくいけば驚くほどの節約が可能。

そこで、インターネットと周りの友人や同僚に聞き込みをしてどれくらいの食費なのかを調べてみました。

毎日3食外食しているひとは、月の食費が5万円オーバー。

1日1,500円は軽く使っている計算ですね。

・・・・高い。

もっとも安かったのは月2万円前後でした。

ある程度自炊もして、うまく節約しているひともいるものです。

しかーーーし!

食費が月2万円でも高すぎるという印象があります。

1人暮らしの食費は月1万円以下に抑えること

実は私は毎日欠かさず家計簿をつけています。

そこで食費をチェックしているわけですが、平均して月6,000円程度を守っています。

1日に換算すると200円程度。

信じられないかもしれませんが、それが可能というわけです。

しかし、外食することはできません。

節約すると決めたのであれば外食は封印するべきです。

食費を節約するための買い物の仕方

毎月の食費を1万円以下に抑えるためには、たったの1つだけ守ってほしいことがあります。

それは、週に1度だけまとめて買い物をするということです。

もし主婦だった場合、毎日買い物に行ったり、安いものをチラシで見れば駆けつけたりするでしょう。

それは節約ではなく浪費につながっている可能性があります。

安いと思っていても、回数を重ねると結果的に食費は高くついてしまいます。

スーパーマーケットに行くと、1つだけ商品を買うわけではありません。

あれも安いしこれも安い、なんてことになると結局は予想以上の出費になりかねません。

そこで、週に1度だけの買い物で、月1万円以下というノルマを達成できてしまうわけです。

食費が月1万円なら2,500円を目安に

もし食費を月1万円と決めたのであれば、週に1回行く買い物は2,500円までにおさめること。

それ以外は絶対に買い物しないように心がけます。

たとえ、特売をしていようとも。

そのルールさえ守ることができれば、簡単に月1万円の食費が実現できます。

以外に2,500円もあれば結構な量を購入できるため、1人暮らしなら余裕でやっていけます。

レシピを決めてからスーパーに行かないこと

献立を決めてスーパーに行くことは、当たり前のように感じられるのではないでしょうか。

しかし、その方法は節約するには適切とは言えません。

なぜなら、先に献立を決めてしまうと、たまたまその食材が高い場合があります。

つまり、レシピは考えずにスーパーに行ってから決めなければなりません。

同じスーパーでも日によって食材の値段は大きく変わるため、その日の値段によってレシピを決めるべきです。

有名なスーパーほど食材は高いから行かないほうがいい

日本中、いたるところにさまざまなスーパーマーケットがあります。

それは、超有名なデパート並みのものから、聞いたことないようなスーパーまであります。

しかし、スーパーマーケット選びを失敗すると、食費が高くついてしまうことをご存知でしたでしょうか。

そこで、私は20種類以上のスーパーに足を運び通い、どこが安くて新鮮でキレイなのかをチェックし続けました。

いくら安くても、店内が汚かったり食材がマズそうだったりしては意味がありません。

とは言っても、食材が高すぎるのもよくありません。

そこで、関西限定ではありますが食材が安くてキレイなスーパーをまとめてみました。

余裕で行く価値ありますので、参考にしてください。

ラ・ムー(ディオ)

キングオブスーパーマーケットと言えば、ラ・ムーを差し置いて他にはありません。

ラ・ムーの姉妹店でディオもありますが、両方同じと思ってください。

ラ・ムーは、とにかく食品が安いです。

いや、安すぎます。

ほとんどが国産にも関わらず。

業務スーパーのように量が多すぎることもありません。

また、総菜の安さも一級品で、弁当で言えば198円で販売しています。

さらに、スーパーマーケットのなかでも鮮魚の種類が豊富。

刺身系も激安ですし、それなのにとてもおいしいです。

お肉も泣けるほど安いです。

例えるなら、イオンやライフの半分程度でしょうか。

これを知って、他のスーパーに行く気がうせました。

ラ・ムーは、近畿エリア・中国エリアを中心にありますので、マップで確認してください。

少し遠くても行く価値ありです。

ラ・ムー(ディオ)

業務スーパー

緑色の外装が特徴的な業務スーパー。

名前の通り、業務向けのスーパーといってもいいでしょう。

もちろん、一般客も利用可。

全体的に安いのですが、その分量が多いため、1人暮らしにはちょっと厳しい可能性があります。

冷凍食品は豊富にありますが、総菜系は一切なし。

弁当目当てで行ってもありません。

業務スーパーは、野菜が格段に安いという特徴があるため、それ目当てで行くならいいでしょう。

業務スーパー

万代

ラ・ムーが現れるまで、万代は私にとって何年もNo.1のスーパーマーケットでした。

万代は店舗自体大きくはありませんが、食材が豊富にあります。

また、鮮魚やお肉系が比較的安く、しかもおいしいというメリットがあります。

業務スーパーほどではないですが、少しの食材を買い足すくらいであれば、万代を利用するべきといえるでしょう。

万代

まとめ

食費を削ることはいくらでもできるかもしれません。

しかし、食費の割りあてや、そもそも行くスーパーが間違っていると、いつまでたっても節約できません。

なるべく買い物する回数を減らして、もっとも安いスーパーマーケットを探してみてはいかがでしょうか。

 

ABOUT ME
ねこすけ
■記事の信用性について■ 都会暮らしなのに、ありえないくらいの低い年収で超節約生活を余儀なくされる。それをきっかけに、楽しく節約するために20件以上のスーパーマーケットへ調査。グラム単位で食材費を丸暗記。節約を意識して約10年経過しました。ですから主婦にも負けないくらい高度な節約に関する情報をリアルな体験とともに提供していきます。 元レディースファッションアパレル店員 元ソフトバンク社員 現Web関連の仕事