節約

お金ないのに結婚式の費用が高すぎる!10万円以下まで安くできるイマどきの方法とは

結婚式 安く

運命のひとと出会い、盛大な結婚式をする。

そんなことが、昔々から続けられてきています。

家族を呼び、同僚や友人を招待する。

気合を入れた結果、ふたをあけてみると結婚式の費用は数百万円になった、なんてカップルはどれだけいるのでしょうか。

しかし本音を言うと、そこにお金をかけるよりかは、今後の生活費にあてたいはず。

招待されたほうもめでたいことではありますが、出費がかさむ。

そこで、イマどきのお金をほとんどかけない結婚式について、体当たり調査してみました。

結婚式はやらないよりやるべきだが費用が高すぎる

実は、私自身が結婚式を挙げる直前ということもあり、いろいろ調べていました。

それにしても、予想以上に結婚式が高すぎる。

節約ブログにはそぐわないくらいのレベルである。

正直、結婚式はあげないといけないという気持ちはありますが、その費用を将来のために使いたいと思っています。

もちろん、相棒もそれは了承済み。

なぜなら、結婚式にお金を使いすぎてあとあと痛い目をみた夫婦を何人も見てきたから。

しかも、誰かを招待しまくればご祝儀である程度は賄えますが、それもそれでどうなんでしょう。

だって、招待されるほうは何万円も包まないといけませんし、もしかしたら他の人の結婚式にも参加しているかもしれません。

そうなると、招待される側の出費はえげつないことに。

それを考えると、招待する気もなくなりました。

めでたいのはめでたいです。

そこで、小さな結婚式という少人数でなおかつ低コストでできるお店に行ってみました。

2時間ほどいろいろ話を聞いてきたので、参考になればと思います。

小さな結婚式は全国各地にあるお店

小さな結婚式とは、その名の通り少人数で結婚式を挙げることができるサービスです。

人によっては、呼ぶ人がいなかったり、お金をかけたくないと思うケースもあるようです。

結婚式は盛大に、という印象がとても強かったため、恐る恐るお店に入る。

すると、予想とは違い相談しているカップルがカウンターを埋めていました。

つまり、それくらい結婚式に費用をかけなくてもいいというカップルが増えたということ。

結婚式を夢見ている女性に怒られそうですが、これが現実です。

将来の生活費もそうですが、こどもができたらもっとお金が必要になるはずです。

そのときのためにも、結婚式を安くしておくべきなのではないでしょうか。

結婚式費用がとても高くなってしまう原因

小さな結婚式で、疑問に思うことがいくつかあったので質問してみました。

なぜ結婚式が数百万円単位でかかるのか。

それは、写真撮影も、ドレスも、食事も場所も、すべて外部に依頼するからです。

外部に依頼すればするほど、別途費用を取られてしまいその分高くついてしまうということでした。

しかも、こういうイベントごとは2人とも舞い上がってしまう。

つまり、どんなオプションでもすべてフルセットでつけてしまい、さらに高くなってしまうということです

たしかに、高揚しているときにいろいろ進められると、NOとは言いづらいですね。

結婚式がとてつもなく安くできる理由は3つ

小さな結婚式では、数百万円もする価格帯は準備されていません。

しかも、おどろくことに、6万円台から結婚式を挙げられるというから驚きです。

正直、「安物買いの銭失い」の予感がしました。

だって、結婚式はたったの1回きり。

いくら安いからと言っても、失敗したら後悔もなにもありません。

ですから、現地で担当営業マンに質問をしまくることに。

すべて一貫して自社で対応してくれる

結婚式 安い

小さな結婚式へ話を聞きにいた時に、料金表をもらいました。

なかには、67,000円(税込)と記載。

え!?って思ってしまうでしょう。

この67,000円には挙式料、衣装のレンタル、ヘアメイク、写真撮影など、フルセットなのにも関わらず、格安でできてしまいます。

なぜ、そんなスゴイことができるのか。

それは、挙式もメイクも写真撮影も、すべて自社のスタッフでまかなっているからです。

余談ですが、もともとは写真撮影サービスからはじまって、いまにいたるそうです。

しかもそれだけではありません。

この予算内でできることは、

結婚式 安い

・挙式料
・進行
・衣装レンタル
・小物一式
・ヘアメイク
・着付け
・写真
・アートフラワー
・音響&照明
・結婚証明書

・・・・、これだけセットで6万円台って、一般の結婚式がどれだけぼったくってるのかが解るのではないでしょうか。

少人数だからこそできる結婚式の安さ

すべての夫婦が、大勢の友人を結婚式に呼べるわけではありません。

そこで、少人数でできるのが、小さな結婚式です。

たとえば、20人や10人程度であれば、小さな結婚式を利用するべきです。

私自身は、友人に祝ってもらいたい気持ちがあります。

しかし、冒頭でもお伝えした通り、友人も出費がかさむに違いありません。

最低でも1回の参加につき3万円程度の出費。

友人が多ければ結婚式の招待も年に何回もあるはず。

祝儀貧乏になりそうで、リアルにかわいそうな気がして誘うに誘えません。

結婚式場も自社で対応できる

結婚式で最も大変なことは、式場探しではないでしょうか。

ホテルにしようか、レストランにしようか、チャペルにしようか、はたまた遊園地にしようか。

考えれば考えるほど、予算は膨らんでしまい、新郎の顔が曇っていくことでしょう。

しかし、小さな結婚式では申し込み場所と同じところに結婚式場を完備。

まさに至れり尽くせりです。

たしかにカウンターで相談中に、ウエディングドレスを着た女性やその家族たちが、まさに結婚式をそこであげていました。

す・・・すごい。

結局最初安くてもいろいろ追加されていく可能性は?

安いものには、何か裏があるのでは、と思ってしまうことでしょう。

しかし、さまざまなオプションをつけない限り、6万円台で結婚式があげられます。

その他オプションとは、写真をアルバムにしたり、豪華な食事をつけたり。

また、ウェディングドレスを標準以外のデザインを選ぶと、ある程度は高くなってしまいます。

でも、フルオプションだったとしても20万円台で収まるとのこと。

それでも安いですよね。

ウェディングドレス

ちなみに、標準で選べるウェディングドレスもかなりの数あります。

デザインもかわいいため、基本料金の範囲内で収まるはず。

また、新郎側のタキシードも、グレーや白を選択すると、数万円高くなってしまうのでよく考えましょう。

ちなみに私の場合は、ゴリゴリの営業トークは一切されませんでした。

しっかりこちら側の意図をくみ取り案内してくれたので、とても安心できました。

予算もそうですが、内容に満足できそうであれば小さな結婚式へ足を運んでみてください。

少人数専門&格安ウェディング式場【小さな結婚式】

まとめ

このインターネット社会においても、結婚式は数百万円かかるという認識がまだ根づいています。

でも、実際のところは外注費が増えて高くなるだけ。

もし結婚式に数十人も呼ぶことがないのであれば、小さな結婚式にお願いしてみるべきではないでしょうか。

少ない費用で済みますし、今後の生活費もしっかり貯金することができますね。

ABOUT ME
ねこすけ
■記事の信用性について■ 都会暮らしなのに、ありえないくらいの低い年収で超節約生活を余儀なくされる。それをきっかけに、楽しく節約するために20件以上のスーパーマーケットへ調査。グラム単位で食材費を丸暗記。節約を意識して約10年経過しました。ですから主婦にも負けないくらい高度な節約に関する情報をリアルな体験とともに提供していきます。