買い物

業務スーパーでペイペイは使える?paypayのメリット・デメリットが凄い!

業務スーパー ペイペイ

昔は、業務スーパーでの買い物と言うと一般的ではなく、食品業者や飲食店関係の人達が主に利用していました。

しかし、最近では一般人も良く利用するようになりましたね。

どんどん品揃えされる種類も多く、大変便利に買い物ができるようになっています。

業務スーパーで有名な店舗と言えば、コストコ倉庫店なのではないでしょうか。

また、加えて支払い方法も現金一択だった社会が、クレジットカードやスマホのアプリなどのキャッシュレス化に対応してきました。

では、業務スーパーでペイペイ(paypay)は使えるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は、業務スーパーでペイペイは使えるのかや、paypayのメリット・デメリットなどについてご紹介していきます。

業務スーパーでペイペイ(paypay)は使える?

業務スーパーでペイペイ(paypay)は使えるのかご紹介します。

結論から言いますと、全国の業務スーパーの全店舗では、まだまだキャッシュレス化に対応していないのが現状です。

ですので、一部のFC店・直営店のみとなっています。

また、キャッシュレス払いは、電子マネーカード・アプリ決済・クレジットカードなど色々な支払い方法があります。

しかし、キャッシュレスに対応した決済方法で全種類が使えるわけではありません。

種類によって、使える小売店舗や業務スーパーに違いがあります。

では、その中で業務スーパーでペイペイ(paypay)は使えるのでしょうか。

ペイペイは、スマホのアプリで今、特に若者に人気のキャッシュレス決済方法です。

そして、業務スーパーの全店舗ではpaypayを使用する事ができませんが、一部の店舗だけ使えるようになっています。

他にも、スマホのアプリはQRコードがありますが、まだ業務スーパーの全店舗ではキャッシュレス化されていないので、どうしても現金で支払う必要性があるでしょう。

業務スーパーで、ペイペイ(paypay)を使うとポイント還元は?

業務スーパーで、ペイペイ(paypay)を使うとポイント還元はあるのかご紹介します。

すでに、一部の店舗のみですがキャッシュレス化に伴いポイント還元を施策しているところもあります。

また、業務スーパーの通販サイトでも会員登録をして、キャッシュレス払いをするとポイントが貯めれるシステムを実施しているところもあります。

例えば、神戸物産のブランド事業【GALLEON】のネットショップなどです。
こちらは、会員登録をしてショッピングをすると、買った金額100円(税抜)に付き1ポイント還元するシステムになっています。

そして、その貯まったポイントを次回の商品購入時に1ポイント1円で利用する事ができるようになっています。

業務スーパーの店舗では全てのところではペイペイ(paypay)の利用はできませんが、一部の店舗で利用できるようになっています。

業務スーパーで、ペイペイを利用しても、まだ全店舗で使えるように対応していませんのでポイント還元は行っていないようです。

ですが、今後、ますますキャッシュレス化が進み、利用客が増えてくれば、業務スーパーの全店舗でpaypayを利用できるようになり、ポイント還元も対応する可能性はあります。

業務スーパーで、ペイペイ(paypay)以外のキャッシュレス決済方法

業務スーパーで、ペイペイ(paypay)以外のキャッシュレス決済方法をご紹介します。

まだ、一部のフランチャイズ店・直営店のみでしかキャッシュレス化に対応していないわけですが、支払い方法の種類は色々あります。

そして、実は業務スーパーで使えるキャッシュレス払いは店舗ごとにかなり異なります。

ですので、買い物をする業務スーパーの公式ホームページで、キャッシュレス決済の種類で何が使えるのか確認されてください。

<キャッシュレス決済の種類>

・クレジットカード
(VISA/MasterCard/JCBカード/AMERICANEXPRESS/DinersClub)

・電子マネーカード

・QRコード

そして、上記のように業務スーパーで、ペイペイ(paypay)以外のキャッシュレス決済方法は他にも色々あります。

業務スーパーでペイペイ(paypay)のメリット

業務スーパーでペイペイ(paypay)のメリットをご紹介します。

現在、まだまだ日本人の多くの人が小売店舗で買い物をした時に現金払いをしています。

ある程度、ネットリテラシーが高い人しか、キャッシュレス決済を利用するのは敷居が高いと思っている方も多いのではないでしょうか。

確かに、小さな子供やお年寄りの方たちには、キャッシュレス払いで商品を買うのは難しいと思います。

しかし、世の中人々が徐々に現金派からキャッシュレス派に移行していけば、逆にキャッシュレスが主流になる可能性もあります。

そして、例えば業務スーパーでペイペイ(paypay)を利用するようになったら、たくさんのメリットがあります。

現金払いでは、一人一人がレジでお金を取り出して支払いをしますから、お金を取り出して渡す時間がかなりかかります。

その点、キャッシュレス払いであればアプリやバーコードをスキャンするだけで、一瞬で支払いが完了します。

また、今はまだ対応していませんが、今後、業務スーパーでペイペイ(paypay)を利用した時にポイント還元ができるようになったら、商品購入時にポイントが貯まるようになります。

つまり、次に買い物をした時に、そのポイントを使って購入金額を割り引く事ができるメリットがあります。

業務スーパーでペイペイ(paypay)のデメリット

業務スーパーで、ペイペイ(paypay)のデメリットをご紹介します。

先程、お伝えしたように、まだ全国の業務スーパーの全店舗がキャッシュレス化やペイペイに対応していないのが、大きなデメリットになります。

ですので、現金払いが全店舗で利用できる為、paypayの使い勝手はあまり良くなく圧倒的に現金払いの方が利便性があります。

もちろん、今後は、徐々にキャッシュレス化の時代になっていくので、そうなると逆に業務スーパーで、ペイペイ(paypay)の方が使い勝手が良くなるでしょう。

その他に、業務スーパーでペイペイ(paypay)のデメリットは、スマホやiPadなどの電子機器を所持していないと使用できないという点です。

まだ、ガラケーを使用していたり、スマホ自体を持っていない人も多いですから、そのような方たちにとっては、支払い方法は現金払いしか選択できないのです。

キャッシュレス化が、業務スーパーだけでなく、日本全国の全ての小売店舗で採用されたら、国が国民に1人1台、スマホやiPadを持つように義務付け、できるだけ買い物をする時はキャッシュレス払いをするように施策するかもしれません。

そうなったら、ペイペイ(paypay)もどこでも手軽に利用できるようになると思うので、デメリットはなくなるでしょう。

業務スーパーでペイペイ(paypay)のまとめ

業務スーパーで、ペイペイ(paypay)の利用はフランチャイズ店・直営店などの一部の店舗でしか現在は、利用することができません。

まだまだ、買い物時には現金払いをしている方たちが多いですが、今後、キャッシュレス化が進めば、気軽にペイペイを利用できる時代がやってくると思います。

そして、まだ全国の業務スーパーでペイペイ(paypay)が利用できない事が、大きなデメリットです。

キャッシュレス化は間違いなく進んで行っていますから、そうなれば現金払いをしている人の方が逆に少なくなるでしょう。

ABOUT ME
ねこすけ
■記事の信用性について■ 都会暮らしなのに、ありえないくらいの低い年収で超節約生活を余儀なくされる。それをきっかけに、楽しく節約するために20件以上のスーパーマーケットへ調査。グラム単位で食材費を丸暗記。節約を意識して約10年経過しました。ですから主婦にも負けないくらい高度な節約に関する情報をリアルな体験とともに提供していきます。 元レディースファッションアパレル店員 元ソフトバンク社員 現Web関連の仕事